僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

ウルトラマン

僕も思わず頷いてしまったウルトラマントレギアの鋭い指摘について

「二言目には 絆 絆 うるさいんだよ。地球人風情に何が出来る?」 (『ウルトラマンタイガ』第15話「キミの声が聞こえない」より) 『ウルトラマンタイガ』は後半戦に入り、恐らくラスボスになるであろう闇のウルトラマン・トレギアの出番がかなり増えてきま…

息子の「特撮を見る目」が肥えてきた気がする

息子の“マイフェイバリットウルトラマン”。実はタイガでもタイタスでもフーマでもなく、今は「ザ・ネクスト」だったりします。 ザ・ネクストとは、2004年に公開された映画『ULTRAMAN』に登場したウルトラマンのコードネーム。テレビシリーズ『ウルトラマンネ…

息子とウルトラマンスタジアムへ行ってきた

息子とウルトラマンにハマりだしてからずっと行きたいと思っていた、石川県の『ウルトラマンスタジアム』へようやく行くことことが出来ました。まさかの工事中で、ホームページに載っているような綺麗な写真が撮れなかったんですけど。関西から往復約600km!…

怪獣少年だったあの頃と、懐かしの『ウルトラ怪獣大百科』を語る

YouTubeの円谷公式チャンネルで懐かしの『ウルトラ怪獣大百科』が配信されています。 Amazonプライムビデオで『電光超人グリッドマン』の無料配信が始まったときにも思ったことですが、やっぱり自分が子供の頃に、それこそかぶりつくような勢いで見ていたも…

何年ぶりかに行ったTSUTAYAが昔と変わっていた話

この間、何年ぶりかにTSUTAYAへ行きました。 うちの近所にはGEOというレンタルビデオ屋があるのですが、店舗の規模がかなり小さいのです。最寄りのTSUTAYAまではちょっとばかし車を走らせる必要があるものの、映画もドラマもラインナップが凄まじくて棚を眺…

我が家のウルトラ“ソフビ”ギャラクシーファイト

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』のYouTube配信開始に合わせてか、我が家のウルトラ“ソフビ”ギャラクシーファイトもなかなかの盛り上がりを見せています。 これまでブログにも書いてきた通り、息子はウルトラマンや怪獣の…

『ウルトラマンタイガ』が抱えるジレンマと果敢な挑戦への期待を語る

『ウルトラマンタイガ』第12話『それでも宇宙は夢を見る』。 個人的には、第11話が前後編の前編として割と理想的な展開だっただけに、「主人公が変身不能」というドラマ的に最も盛り上がる要素が妙にあっさりとしていたり、最後の「信じれば何でも叶う!」的…

どんな種類のノートよりも自由帳が真っ先に埋まっていく理由

1年に1度くらいのペースで、無性に絵を描きたくなります。 小学生の頃は、どんな種類のノートよりも自由帳が真っ先に埋まっていくタイプでした。休み時間。周りの子たちがグラウンドでボールを追っかけ回してる中、独り教室でひたすら絵を描いていたのを覚え…

ウルトラマンタイガのビッグソフビ、正直僕も欲しい。

僕、ゲームセンターのUFOキャッチャーが苦手なんですよ。 多分、これまで自分一人でぬいぐるみやフィギュアをゲットしたことって1回あるか無いかじゃないかなあ。足元の取り出し口に手を伸ばした記憶が無いです。 だからUFOキャッチャーの機械の中にある品物…

高槻住宅展示場の「ストロングコロナゼロとあそぼう」へ行ってきた

16日の月曜日、高槻住宅展示場で開催された「ストロングコロナゼロとあそぼう」へ息子と行ってきました。今日はそのイベントレポートを。 これまでにも関西でウルトラマンゼロに会える機会は沢山あって、先月も大阪のウルトラマンショップの写真撮影会に参加…

嫁さんの東京土産と、ふたりだけの『ウルトラマンジード』上映会

僕の嫁さんはオタ活のために東京へ出向くことが割と多く、その際はイベントの前日から夜行バスで現地入りしています。そしてイベントが終わった次の日の朝にこれまた夜行バスで家まで帰って来るというスケジュール。 我が家は夫婦揃ってオタクな一面が強く、…

ウルトラシリーズのサブタイトルに関するあれこれ

主題歌が流れる前に画面に大きく表示されるウルトラシリーズのサブタイトル、子供の頃からなんとなくですけど「かっこいいなあ」とずっと思っていました。 やっぱり子供心に、親に「あんたまだこんなの見てんの?」とつつかれそうな番組は直感で分かるので、…

息子のおかげで自分の人生を巻き戻せているような気がする。

息子の容姿がだんだん僕に似てきました。 そのせいもあってか、息子の元気に遊ぶ姿がまるで自分の幼少期の頃を見ているように感じられることがあって。まあ親子というのは大抵がそういうものなのかもしれませんが、細かい習性とか口癖、仕草なんかも驚くほど…

特撮ヒーロー出身の俳優が売れると、つい母親のような気持ちになってしまう話

『仮面ライダーフォーゼ』で2号ライダーのメテオ役だった吉沢亮くんが、2021年のNHK大河ドラマ主演に決まったとのこと。いやー、売れたなあ。 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 発売日: 2014/04/01 メディア: Prime Video こ…

夕映えのウルトラマンタイガを家族3人で黙って見守るしかなかった話

「タイガ、どうするのが一番良かったんだ」 「俺だって分かんねぇよ。あのときはああするしかなかったんだ…」 『ウルトラマンタイガ』第10話「夕映えの戦士」より 「夕映えの戦士」って、てっきりウルトラマンの呼び名かと思っていたんですけどナックル星人…

1年半ぶりに、息子の「特撮卒業」を考える

今から1年半くらい前に書いたこちらの記事。 www.bokuboku12.net 今でも時々自分で読み返すことがあって、文章自体は下手くそなんだけど当時の僕のモヤモヤ感がそれなりに伝わってきます。いや、自分で書いたんだから伝わらんでどうするって話なんですけど。…

「ウルトラマンが『オーブ』で再び中断していたら」と想像したら悲しくなった

Twitterのタイムラインをダラダラと眺めていたら「ウルトラマンは『オーブ』で一旦中断するべきだった」という趣旨のツイートを見かけて、個人的には「いやいや…」と。 僕が息子と一緒にウルトラマンにハマりだしたのは『ジード』からなので、仮に『オーブ』…

『ウルトラマンタイガ』はちゃんと“子供番組”していて偉いという話

昨日放送の『ウルトラマンタイガ』第9話『それぞれの今』。 ホマレ先輩が、自分が宇宙人であることをイージスのメンバーに打ち明けるラストシーンには色々と考えさせられるものがありました。これまでの回を見ていても「ホマレ先輩は普通の人間じゃないんだ…

大人になっても忘れられないウルトラシリーズのトラウマについて考える

ふと思い立って映画『ULTRAMAN』を一人で見ていたら、案の定息子が食いついてきました。 ULTRAMAN メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 従来のウルトラシリーズに比べて対象年齢が高めに設定されているこの作品。実際「子供が見たら怖がるだろ…

『ぴあMOOK ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーション超大全』が素晴らしい

最近ウルトラマンもこの手のムック本が増えてきました。正直、価格の割に内容が薄かったり特に目新しい記事が無いものも意外と多く、結構当たり外れが激しい印象があります。 しかし、この『ぴあMOOK ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーション超大全』は大…

ウルフェスのマナー問題について思うこと

先日終了した池袋のウルトラマンフェスティバル。 Twitterのタイムラインを見ているとイベントの内容とは別に、特にいわゆる「大きなお友達」のマナーに関する問題が噴出していたようで。このブログで触れるべきか迷ったのですが、僕も息子を持つ身として他…

『S.H.Figuarts ウルトラマンジード・マグニフィセント』を眺めつつ、傑作回『僕の名前』を振り返る。

プレミアムバンダイで注文していた『S.H.Figuarts ウルトラマンジード マグニフィセント』が届いてしまいました。 ウルトラマンのフィギュアーツを購入するのはこれで5体目。価格のことを考えるともうそろそろ自重せねばと思ってはいるのですが、このマグニ…

ウルトラマンゼロとの出会いを通じて息子が一回り成長した日

大阪のウルトラマンショップで行われた「ウルトラマンゼロ握手&写真撮影会」に息子と行ってきました。 実は先月もタイガの同じイベントに参加させていただいたのですが「まあ本物のウルトラマンと写真が撮れる機会なんて滅多に無いしね…」と思い、今回もわざ…

「このミニチュア凄いなあ…」息子がウルトラマンを見ながら発した一言について考える。

いつものように『ウルトラマンタイガ』の録画を息子と一緒に見ていたら、彼が一言、こう呟きました。 「このミニチュア凄いなあ…」 そうそう、特にタイガは毎回ミニチュアの作り込みヤバいよな。…って、え?…今、確かに「ミニチュア」って言ったぞ。あんた、…

「セイヤッチ!」ウルトラマンフーマが僕のツボを押さえに来ている件

『ウルトラマンタイガ』は、次回がニュージェネ恒例のパワーアップ回。 『ジード』でロイヤルメガマスターを初めて見たときも、リーゼントみたいな髪型のウルトラマンにそれはそれはびっくりさせられた記憶があるのですが、今回のパワーアップ形態もなかなか…

息子がウルトラマンゼロのカードを僕にくれた理由

僕の推しウルトラマンはウルトラマンゼロ様なわけですが、息子も『タイガ』にハマりつつやはりゼロのことを好きな気持ちはずっと変わらないようです。 先週行ったウルフェスで、僕が自分へのご褒美として購入したゼロのグッズ。キーホルダー、指人形、ハンカ…

ガチャガチャのレバーを回す息子の背中が頼もしく見えた日

ちょっと気になって調べてみたら、バンダイではカプセルトイのことを総称して「ガシャポン(GASHAPON)」で統一しているんですね。 gashapon.jp 僕は子供の頃からずっと「ガチャガチャ」って言ってます。ちなみに息子は「ガチャポン」派。Twitterには「ポット…

『シン・ウルトラマン』という名のFA選手を僕たちはどう受け入れるのか

少し話題に乗り遅れてしまった感はありますが、庵野秀明企画・脚本による『シン・ウルトラマン』製作決定のニュースは衝撃的でした。 m-78.jp 『シン・ゴジラ』が決まったときも、「庵野監督が『ゴジラ』を撮る」日がついにやって来たんだと、一端の特撮ファ…

~君の願いを叶えにやってきた~『DXトレギアアイ』レビュー

今年の『ウルトラマンタイガ』は、これまでのウルトラマンに比べても息子のハマりっぷりが特に凄い気がします。4歳半。ちょうど今がこういう特撮番組に一番のめり込む時期、つまり僕らオタクのよく言う「直撃」している状態なんだろうなあと思いますね。裏山…

『ウルトラマンタイガ』の絶妙な後味とウルトラの未来について考える

「地球を、あなたみたいな人も自由に生きられる星にしたいの」 「地球人がそんな世の中を作れると思うかい?」 『ウルトラマンタイガ』第6話「円盤が来ない」より これまでの『ウルトラマンタイガ』に共通しているのは、その絶妙な後味ではないかと思うんで…