僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

『アタック変形 ウルトラビークル』が意外と遊べるおもちゃだった話

息子と一緒におもちゃ屋さんへ行くと、同じおもちゃでも大人と子どもには全然違う目線が存在することを思い知らされることがあります。 今回紹介する『アタック変形 ウルトラビークル』がまさにそれ。 写真を見ていただいても分かる通り、ウルトラビークルは…

~休日をウルトラで染め上げろ!~3月のウルトライベントレポート

全国各地で行われているウルトラマン関連のイベント。 円谷プロの公式サイトでは各地方のイベント情報が随時更新されており、僕も休日はなるべく息子を連れていってあげようと細かくチェックしています。 3月は劇場版ルーブの公開月ということもあり、関西地…

~あの頃の、輝けるものたちへ~『増補改訂版 地球はウルトラマンの星』を読んで

切通理作氏の著書『地球はウルトラマンの星』の増補改訂版が出版されました。 以前のエントリーでも何度か書いているのですが、僕の青春時代のバイブルと言っても過言ではない『地球はウルトラマンの星』。90年代後半に登場した平成ウルトラマン3作品(『テ…

【劇場版ウルトラマンR/B】ウルトラシリーズの限りなきチャレンジ魂に胸が熱くなった話

先日の先行上映会に続き、『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』の通常上映を家族で見に行ってきました。 同じ映画を劇場へ何度も見に行くことって僕は滅多にしないのですが、今回の劇場版ルーブは息子とか関係なく大人の僕が普通に見に行きた…

~美しいだけではない「夢」と「絆」の物語~劇場版ウルトラマンR/B先行上映会inMOVIX八尾レポート

アリオ八尾で行われた、劇場版ウルトラマン最新作の先行上映会に行ってきました。 今年は『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』。昨年の7月から半年間どっぷりハマったウルトラマンの映画ということで、息子と一緒にこの日を楽しみにしていま…

『S.H.Figuarts ウルトラマンゼロ』の出来があまりにも素晴らしいので。

おもちゃのレビュー記事を書くのって難しいんですよね。 このブログを始めてからも特撮系の新しいおもちゃ、結構買ってはいるのですが、Twitterでささっと写真をアップして終わりというパターンが僕は多いです。おもちゃに関しては、感想書くよりまず遊びた…

初代ウルトラマンのフィギュアを眺めながら「成長を自覚した瞬間」について考えた。

誰にでも、人生の中で「成長を自覚した瞬間」って多かれ少なかれあると思います。 どうしていきなりこんなことを書くかというと、僕が父親としての日々を過ごす中で、我が息子の成長を実感するシーンが確実に増えているからです。 本当に大げさではなく、昨…

~再利用(reuse)ではなく再生(reborn)を~ウルトラ怪獣のこれから

息子と一緒にウルトラ怪獣図鑑を眺めていると、彼の言葉に時々ハッとさせられることがあります。 「エレキングって『セブン』にも出てたんやなー」 え?いや、エレキングって元々ウルトラセブンに出てきた怪獣なんだけど。 …あ、そうか。この子にとっての最…

ウルフェスinひらパーの巨大バトルジオラマは男のロマンの結晶だ!

昨年末、大阪のひらかたパークにて開催中の『ウルトラマンフェスティバル 2018‐2019』へ行ってきました。 前回はウルフェスにとって久々の関西上陸だったこともあってか、夏に行われている池袋の本家ウルフェスに比べると展示物のボリュームなど若干のパワー…

~新年のご挨拶~2019年も、息子とウルトラ。

あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いします。 独身のときは、有り余るほどの自由な時間をこれでもかと家の中で満喫するのが年末年始の楽しみだったのですが、自分の家庭というものを持つとこうもやることが増えるのかと、正直ちょっと頭…

~君の勇気、それは未来~我が家のルーブな半年間を振り返る

半年間、家族で見てきた『ウルトラマンR/B(ルーブ)』が終わりました。 放送期間が半年や1年単位の特撮ドラマを追いかけていると、年月の過ぎていくスピードを実感する機会が増えます。『ジード』のあの最終回に感動していたのがもう1年前という事実。こう…

~ウルトラマンの名のもとに~最終回直前『ウルトラマンR/B』について

今週の22日、いよいよ最終回の放送を迎える『ウルトラマンR/B(ルーブ)』。 ついこの間始まったばかりと思っていたのにもう最終回。昨年の『ジード』以上に、あっという間だったなという印象が強いです。2クールの放送期間にだんだん目が慣れてきて、だいた…

~ウルトラマンが終わっちゃう?~息子の思わぬ反応が忘れられず。

m-78.jp 『ウルトラマンR/B』の後番組が発表されました。『ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル』。テレビ東京系にて来年の1月5日からスタートです。 今年の前半は『オーブクロニクル』でしたから、今度は『ジードクロニクル』を密かに期待してい…

『ギンガ』以降のウルトラシリーズを律儀に録画していたあの頃の僕へ

このブログでは、特にこれというテーマを決めずに、基本的には自分の好きなことや思ったことを書くことにしています。 ただ、せっかく書くからには何か意味のあるものにしたい。息子のこと、大好きな特撮のこと、家族の他愛もない思い出話。今までに公開して…

「ウルトラ派」の僕が平成仮面ライダーへの率直な思いを語ってみる

突然ですが、「特撮」という2文字からあなたが最初に連想する作品は何ですか? これまで散々ブログに書いてきた通り、僕は「特撮」と言えばまずはウルトラマン。次にゴジラ、ガメラ、戦隊シリーズと続きます。どれも子どもの頃に熱中した作品ばかり。共通し…

~初めてのサンタクロースに挑戦~我が家のクリスマス計画

近頃は、気候的に過ごしやすい秋という季節がどんどん短くなっている気がします。この時期、季節の移り変わりを最も感じる瞬間は、10月31日のハロウィンが終わった途端に街中がクリスマスムード一色になっている光景を見たときかもしれません。 もうすぐクリ…

「ポケモン銀」で止まった僕のゲーム人生と、その続き

www.dcd-ultraman.com 『ウルトラマンフュージョンファイト』。最近息子がハマっているゲームです。 ショッピングモールのゲームセンターなどに設置してあるアーケードゲームで、専用のカードを何枚か使用してウルトラマンや怪獣たちを戦わせます。1プレイ毎…

息子の愛読書、ウルトラ怪獣入門。

ウルトラマンにハマった子供が必ず欲しがるもののひとつ。それは怪獣図鑑です。 ウルトラ怪獣入門 (小学館入門百科シリーズ 15) 作者: 大伴昌司 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1983/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 今年の12月で4…

~特撮ヒーローを見せると子どもが乱暴に?~我が子の場合

3歳の息子を持つ特撮好きの父親として、とてもタイムリーなエントリーを見つけたのでご紹介します。 www.momrhythm.com このエントリーではご自身の息子さんが仮面ライダーやスーパー戦隊にハマっている事実を踏まえ、そのメリットとデメリットが分かりやす…

リーフラッシャーで遊ぶ息子の姿があまりにも様になっていたので。

僕の部屋にはウルトラマンのフィギュアがまとめて飾ってある、いわゆる「ウルトラコーナー」があります。ニトリで買った大きな本棚の上に自分のコレクションを並べている時間は嫌なことも何もかも忘れられてとっても楽しい。 成長に伴い背が伸び始め、知恵も…

~想いをつなぐ物語~『ウルトラマンR/B』のこれまで

現在放送中のウルトラシリーズ最新作、『ウルトラマンR/B(ルーブ)』。僕は息子と一緒に毎週楽しみにしているのですが、ふとAmazonプライムのレビューを覗いてみたところ、5段階評価の平均が3点でちょっとびっくり(ちなみに前作『ジード』は平均4点、前々…

ヒーローショーを厳しめに見てしまう親の心境

14日の日曜日、大阪は八尾市にあるプリズムホールで開催された『ウルトラマンライブ』なるものに家族で行ってきました。 m-78.jp 最近のウルトラシリーズでは、TVシリーズの撮影が終わった10月頃からこういったイベント中心のスケジュールを組むのが定着して…

~青春時代のバイブル~『地球はウルトラマンの星』を振り返る

切通理作氏が『ウルトラマンティガ』、『ダイナ』、『ガイア』のいわゆる平成ウルトラ3部作に出演したキャストや制作スタッフ総勢36名へインタビューを行い、評論と共にまとめた著書『地球はウルトラマンの星』。長年に渡り絶版状態となっていましたが、年内…

ウルトラマン、ドラゴンボール、ポケモン…我が家のフィギュア事情

長年に渡って特撮ファンを続けていると、どうしても溜まっていくのが関連玩具やフィギュアの類。 我が家では、僕はもちろん息子と妻もフィギュア集めが大好き。家にあるフィギュアを全て同じ部屋に並べたらどんな光景になるのか、想像するのも恐ろしいです(…

「ウルトラニンジン作戦」のその後

今日は、2か月ほど前に書いたエントリーの後日談。 ryo-nf3000.hatenablog.com 息子のおむつの卒業がなかなか上手くいっていなかったところに「おむつ卒業出来たらウルトラマンの玩具を買ってあげるよ」とニンジン作戦を敢行したところ、それなりの成果が出…

20年目の『ウルトラマンガイア』

放送20周年企画として9月5日から始まった『ウルトラマンガイア』のYouTubeによる配信、我が家では早くも毎週水曜日のお楽しみになっています。 中学生の頃にレンタルビデオで平成ウルトラ3部作に熱中した僕にとっては、こうして毎週決まった時間に配信される…

30歳子持ちが「推し」ウルトラマンについて語ってみる

あなたの「推し」は何ですか? グループ内での好きなメンバーや、漫画やアニメのお気に入りのキャラクターを指す言葉としていつの間にか定着していた「推し」という表現。ただ単に好きというだけではなく、特に支持している、愛好している様がより伝わる気が…

ウルトラマンショップの丁寧な対応に驚いた話

2ヶ月くらい前の話になります。梅田のウルトラマンショップで購入したDXジードクローが音声の鳴らない不良品だった、という出来事がありました。こういうとき、気の小さい僕はどこにどういう申し出をしたらいいのかちょっと迷ってしまいます。玩具の不具合だ…

『特撮黙示録 1995-2001』のちょっとした思い出話

『特撮黙示録 1995-2001』という本をご存知でしょうか。 今から約15年前に発表された切通理作氏の著書で、主に1990年代後半から2000年代前半にかけての特撮作品にスポットを当てながら、当時の空気感や特撮というジャンルの状況の変化を活字としてまとめた「…

今日の帰り道を、ただ書いてみる。

共働きの我が家には子供のお世話に関するルールがいくつかあり、そのひとつが「どちらかが休みの日は、休みの方が息子の保育園のお迎えに行く」というもの。まあルールというほど大袈裟なものではなく、2人とも働いているわけですから当然のことなのですが。…