僕が僕であること(仮)

ウルトラマンが大好きな7歳の息子とのウルトラ備忘録です。

人の「気質」が凝縮されるホーム画面の話

今週のお題「ホーム画面」 一緒に食事をしながら、真向かいの人物が鞄からそっとスマホを取り出す。 そこで一瞬だけ見える、バックライトに照らされた画面。「ホーム画面」である。僕は、特段それをまじまじと観察するわけでもないし、したいわけでもないの…

息子が学校から持って帰ってくる「怪獣らくがき」があまりにも愛らしいので

「パパぁ、怪獣描いたから見て〜」 雨の平日。開きっぱなしの傘を玄関にパーンと放置したまま、重たいランドセルを床にドンと降ろした息子が僕のところに意気揚々と何かを持ってくる。外で遊べなかった代わりに教室で描いた「怪獣らくがき」コレクションです…

小学2年生の『シン・ウルトラマン』は「空想と浪漫と好奇心」の世界

もうずっと、『シン・ウルトラマン』のことで頭がいっぱいです。こりゃあ紛れもなく、外星人への「恋」というやつです。 昨日は家から最寄りの映画館に、朝9時の回を1人で、15時半からの回を息子と、計2回見に行きました。 平日だったので、息子は当然学校で…

~『ウルトラマン』の根源的な魅力に迫るドキュメントとして~映画『シン・ウルトラマン』

映画『シン・ウルトラマン』を見てきました。 ※以下、重大なネタバレを含む箇所があります。 www.bokuboku12.net 1年とちょっと前にわざわざこんな記事をしたためたほど、公開を楽しみに待ち続けていた映画『シン・ウルトラマン』。 映画館の席に着いて、自…

〜VS「我が家の海原雄山」〜キッチンで交差する料理への思いを語る。

今週のお題「サボりたいこと」 「マイブーム」という言葉、もう死語でしょうか? 僕の最近のマイブームはズバリ「料理」です。 当方、高校生になるまでレトルトカレーの温め方も知らなかったほど(パウチのまま加熱して発火させた経験あり)、キッチンとは無…

「このブログを本にして僕の棺桶に入れて欲しい」という願望について

自分のブログを書籍化したい―。 個人でブログを書いている方なら、こんな目標をぼんやりと思い浮かべたことは一度や二度ではないと思います。僕も結構な頻度で「いつかはやってみたいなあ」と妄想しています、ブログの書籍化。 はてなブロガーには、実際に出…

オタク生活の新しい相棒にChromebookを迎え入れた、というお話。

8年ほど使い続けた、ブログの執筆時にも大変お世話になったノートパソコンが先日お亡くなりになりまして。新しいパソコンに買い替えました、というお話。 blog.hatenablog.com www.bokuboku12.net ちょうど先月の週刊はてなブログにて、僕のパソコンの写真を…