僕が僕であること(仮)

ウルトラマンが大好きな7歳の息子とのウルトラ備忘録です。

エッセイ

煽ってくる相手を “ポケカで” 黙らせた息子に「漢(おとこ)」を見た話

「えーっとね、わたしはね、この子を今から叩き潰すんでね、見ていてくださいお父さん」 息子の対戦相手がね、こう言っちゃなんですけど、どうしようもない「クソガキ」だったんですよ 大阪のポケモンセンターで不定期に開催されている「ポケモンカード・フ…

「ツッコミ癖」から紐解く、僕とおしゃれとウルトラマンのカンケイについて

「僕も “おしゃれ的なこと” をしてもいいんだ」と気付いたのは、ほんとについ最近のことでしてね。 僕の妹が、結構「おしゃれ」なんですよ。 会うたびに、おおとりゲン(ウルトラマンレオの主人公、レオリングという指輪で変身する)がつけてそうなゴツい指…

童心に帰れそうで帰れなかった「怪獣ソフビオタク」のちょっと悲しい話

息子のことが、急に羨ましくなるんです。 今日は、毎週土曜日恒例の『ウルトラマンデッカー』を一緒に見てから、これまた恒例となっている「ソフビ漁り」に2人で出てきました。近所のJoshinにお買い物。今日のモンスアーガー、かっこ良かったもんねえ。 羨ま…

学童に通う息子の夏休みと、変わらない「夏のアイコン」の話

照りつける日差しとセミの鳴き声。夏、ですね。 夏と言えば、夏休み。小学2年生の息子は只今絶賛夏休みを満喫中! と、言いたいところなのですが、平日は学童のために変わらず学校へ通っています。 もう少し大きくなったら学童もやめて、夏休みも自由にさせ…

〜僕にとってはどちらも眩しい〜「父親兼ブロガー」の悩みをつづってみる

「父親兼ブロガー」になって早4年半。僕には、未だに解決できずにいる悩みがあります。 息子にとって「良き父親でありたい」願望と、ブロガーとして少しでも「良き文章を残したい」欲望。この二つがなかなか同居してくれないのです。 例えば今日も、僕がこの…

〜「CDで聴く」というレトロ体験〜「シン・ウルトラマン音楽集」をしっとり楽しめた話

何の予定もない休日。その日にしか出来ない「特別なこと」をしてみたくなること、ありませんか? 朝、起きる。諸々の支度を終える。家族に「いってらっしゃい」をする。さあ、僕だけの特別な休日はここからが本番。 パッと部屋を見渡して目に留まったもの。…

ウルトラマンデッカーの変身アイテムがどうしてもビールジョッキに見えてしまう話

今日はもう身も蓋もない、タイトル通りの「ですよね?」という話なんですけれども。 先週から始まった『ウルトラマンデッカー』、今日放送の第2話もなかなか良かったですね。 主人公・アスミカナタを含めた訓練生の3人が新生GUTS-SELECTに入隊するまでを、30…

二軍のTシャツには二軍なりの役割がある…「俺のフツーの服はどこへ消えた?」

今週のお題「二軍のTシャツ」 Tシャツ、めちゃくちゃいっぱい持ってます。 当方、ファッションに関して特別なこだわりは一切ありません。普段の服装に関しては、嫁さんの言うことをふむふむ聞いているだけの着せ替え人形と化しています。しかし、これがTシャ…

息子の習い事を「プログラミング」しながら、父親としての何かを試されているという話

最近急に、息子が「プログラミング」という単語を頻繁に口にし始めた。 先週、近所の商業施設で人気のゲーム・マインクラフトを使った「プログラミング教室の無料体験回」なるものがあり、親子で参加してきました。参加者が僕らだけだったのもあってか、1時…

自分の財布を握りしめて「ウルトラマンデッカーの日の冒険」に出た息子の話

『ウルトラマンデッカー』第1話「襲来の日」を息子と見ました。 いや、めちゃくちゃ良かったのでは…?! 一言、「王道」をいくウルトラマンでした。しかも、その「王道」のど真ん中を堂々と胸を張って歩く、ストレートで正統派な「ヒーローらしいヒーロー」…

実家で発掘した「不二家 ウルトラ怪獣大決戦」の思い出を “供養” する

この間実家に行ったら、また懐かしいものが大量に発掘されましてね。 不二家の「ウルトラ怪獣大決戦」シリーズ。僕がウルトラシリーズに最初にハマった5、6歳の頃…1993年〜94年辺りにスーパーでよく買ってもらった食玩です。チョコスナックに怪獣やウルトラ…

「緑のおばさん」ならぬ「ウルトラマンのお兄さん」になろう…もちろん、息子には内緒で。

突然ですが、小学校の「旗当番」ってご存知ですか? 昔で言うところの、「緑のおばさん」というやつです。ウルトラシリーズのファンの方には、ペギー葉山さん演じるウルトラの母の人間体…と言えば分かりやすく伝わるでしょうか。小学校の登下校時に、通学路…

〜ポケカをきっかけによみがえる “あの頃の思い” 〜ミュウツー、我はここに在り。

僕、日頃からポケモンでは「ルカリオ推し」を公言しているんですけどね。子供の頃からの思い出や記憶も全部含めると、やっぱり一番好きなのはミュウツーなのかもしれません。 ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック 「Pokémon GO」 BOX ポケ…

〜給食は人をつくる〜「カレーライス」の本来あるべき姿の話

Oisix特別お題キャンペーン「好きだった給食メニュー」 僕が好きだった給食メニューは、「カレーライス」です。はい、めちゃくちゃベタです。 ただ、これが普通のカレーライスではなくてですね……。 普通カレーライスと言って想像するのは、大きなお皿にカレ…

「間(はざま)」にいるからこそ見える “ベーターカプセル今昔物語”

ウルトラレプリカ・ベーターカプセル(シン・ウルトラマン)をひと足お先にゲットしました。 ……というのはもちろん冗談で。 シン・ウルトラマン Millennials BOOK (一般書 392) 作者:; ポプラ社 Amazon こちらはポプラ社のムック本「シン・ウルトラマン MILL…

お風呂で始まる「問題だらけの『ウルトラ怪獣しりとり』」とその行方

息子と一緒にお風呂に入るとき、最近必ずやるのが「しりとり」です。 しりとりと言っても、その辺に転がっているようなただのしりとりじゃありませんよ。我が家の浴槽で繰り広げられているのはズバリ、「ウルトラ怪獣しりとり」。 「ウルトラシリーズに登場…

〜「このウルトラマンティガにはくれぐれもお手を触れないよう……」〜 本棚に作る “自分・特撮博物館” の話

今週のお題「本棚の中身」 はてなブログ今週のお題は「本棚の中身」。 これが「本棚にある本について」とかだと、この記事は僕の部屋の本棚に煩雑に並んでいるいわゆる特撮オタク系のムック本や雑誌を右から左へ紹介するだけになるところでしたが、お題は「…

僕と息子の「MX4D シン・ウルトラマン」体験記

6月10日から上映が始まった『MX4D シン・ウルトラマン』を息子と見てきました。 …えーっと、昨日こんな記事を書いておきながら、「まーた『シン・ウルトラマン』の話か」とツッコミを入れられそう……。はいそうです、今日も今日とて、シン・ウルトラマンの話…

「一番くじ シン・ウルトラマン」を120%楽しんだ息子の話

いやはや……我が息子がやってくれました。 bpnavi.jp 僕、「一番くじ」って実は生まれて初めて引きました。 これまで、コンビニにアニメや仮面ライダーのくじが置いてあるのを見かけたことはあっても、「自分が引いたって当たるわけないし」となるべく視界に…

楽しい夏の到来と、1年前に買ったウルトラマンTシャツの話。

今週のお題「夏物出し」 「夏物出し」というと、やはり最初に連想するのが衣替えです。 写真は、昨年の『ウルトラヒーローズEXPO2021 サマーフェスティバル in 池袋』の物販コーナーにて、息子とおそろで購入したウルトラビッグTシャツ。アメコミ風ウルトラ…

~本日、ウルトラマンデッカーソフビ先行発売日~ ソフビに“かける”息子の朝に迫る

本日、ウルトラマンデッカーのソフビ先行発売日。 我が家の「怪獣“ソフビ”優生思想」は、いつもの土曜日よりも更に早起きしてスタンバイ。 僕がまぶたを擦りながら「おはよ~」と朝の挨拶をした頃には、既に洗顔に食事に着替えにと諸々の準備がバッチリ完了…

~「夜ふかしタイム」をかけ、いざ勝負!~ 我が家の“ポケモンカード・仁義なき戦い”

「この対戦で負けたほうが先に寝ることな!」 ある日の、午後8時を過ぎた頃。 夜9時までの就寝を嫁さんに厳命されている息子が、突然僕を指差し条件付きの「ポケカガチ対決」を挑んできました。 その日の嫁さん、仕事の都合で帰宅予定時間は夜の10時。 あら…

母親への誕生日プレゼントのチャンスを『シン・ウルトラマン』がくれた、という話

母親の誕生日に、初めてウルトラマンの品物をプレゼントしてみました。 www.m78-online.net www.m78-online.net 『シン・ウルトラマン』のミニタオルセット。 禍特対の流星マークと、ウルトラマンの赤い模様をあしらった、普段使いも出来そうなデザインを選…

〜インターネット・ミーム。私の好きな言葉です〜「メフィラス構文」の功罪について考える

「アイスクリーム。私の好きな言葉です」 この間行ったひらかたパークで、どうしてもお腹が空いたと言って僕にアイスクリームをねだってきた息子の言葉。お昼ご飯の前にアイスとは……私の苦手な言葉です。 #大ヒット上映中!映画『#シンウルトラマン』ぜひ、…

『シン・ウルトラファイト』に熱中する息子にそこはかとなく「狂気」を感じる、という話。

「気をつけろ!メフィラスの、罠。」 一見平たいようで、実は言葉の奥底に静かな抑揚を感じさせる“昭和の実況アナウンサーみ”のある言い方で、息子が突然こちらに迫ってくる。彼は今、円谷プロの公式サブスク、通称「ツブイマ」で絶賛配信中の『シン・ウルト…

ひらかたパークのウルトラマンショーが中止になってしまった話

日曜日。息子とひらかたパークのウルトラマンショーに行ってきました。 ショーは午前の部、午後の部とあり、僕たちは早起きして午前の部を鑑賞。 『帰ってきたウルトラマン』で「怪獣使いと少年」という超問題作に出演していた巨大魚怪獣ムルチが、「コテツ…

息子が学校から持って帰ってくる「怪獣らくがき」があまりにも愛らしいので

「パパぁ、怪獣描いたから見て〜」 雨の平日。開きっぱなしの傘を玄関にパーンと放置したまま、重たいランドセルを床にドンと降ろした息子が僕のところに意気揚々と何かを持ってくる。外で遊べなかった代わりに教室で描いた「怪獣らくがき」コレクションです…

小学2年生の『シン・ウルトラマン』は「空想と浪漫と好奇心」の世界

もうずっと、『シン・ウルトラマン』のことで頭がいっぱいです。こりゃあ紛れもなく、外星人への「恋」というやつです。 昨日は家から最寄りの映画館に、朝9時の回を1人で、15時半からの回を息子と、計2回見に行きました。 平日だったので、息子は当然学校で…

〜VS「我が家の海原雄山」〜キッチンで交差する料理への思いを語る。

今週のお題「サボりたいこと」 「マイブーム」という言葉、もう死語でしょうか? 僕の最近のマイブームはズバリ「料理」です。 当方、高校生になるまでレトルトカレーの温め方も知らなかったほど(パウチのまま加熱して発火させた経験あり)、キッチンとは無…

「このブログを本にして僕の棺桶に入れて欲しい」という願望について

自分のブログを書籍化したい―。 個人でブログを書いている方なら、こんな目標をぼんやりと思い浮かべたことは一度や二度ではないと思います。僕も結構な頻度で「いつかはやってみたいなあ」と妄想しています、ブログの書籍化。 はてなブロガーには、実際に出…