僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

嫁さんの東京土産と、ふたりだけの『ウルトラマンジード』上映会

僕の嫁さんはオタ活のために東京へ出向くことが割と多く、その際はイベントの前日から夜行バスで現地入りしています。そしてイベントが終わった次の日の朝にこれまた夜行バスで家まで帰って来るというスケジュール。 我が家は夫婦揃ってオタクな一面が強く、…

ウルトラシリーズのサブタイトルに関するあれこれ

主題歌が流れる前に画面に大きく表示されるウルトラシリーズのサブタイトル、子供の頃からなんとなくですけど「かっこいいなあ」とずっと思っていました。 やっぱり子供心に、親に「あんたまだこんなの見てんの?」とつつかれそうな番組は直感で分かるので、…

寅さんは別に「いい人」じゃない。

12年ぶりに日本のゴジラがスクリーンに復活すると聞いて、「この『シン・ゴジラ』を見るまでは絶対死ねないぞ」と考えていた僕が、あれから3年経ってまたその「死ねない」状況に追い込まれています。 今年の年末、22年ぶりに寅さんがスクリーンに帰ってくる…

息子のおかげで自分の人生を巻き戻せているような気がする。

息子の容姿がだんだん僕に似てきました。 そのせいもあってか、息子の元気に遊ぶ姿がまるで自分の幼少期の頃を見ているように感じられることがあって。まあ親子というのは大抵がそういうものなのかもしれませんが、細かい習性とか口癖、仕草なんかも驚くほど…

特撮ヒーロー出身の俳優が売れると、つい母親のような気持ちになってしまう話

『仮面ライダーフォーゼ』で2号ライダーのメテオ役だった吉沢亮くんが、2021年のNHK大河ドラマ主演に決まったとのこと。いやー、売れたなあ。 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 発売日: 2014/04/01 メディア: Prime Video こ…

モーニング娘。’19の握手会イベントに初めて参加して思ったこと

自分で言うのも変な話ですが、僕は結構、人を信用してないタイプで。 だから「アイドルに会いに行ける」ってそこまで楽しいことなのか、ずっと疑問に思っていたんです。距離が近くなるほど、そこで万が一冷たい態度でも取られたときの反動が大きいだろうと。…

夕映えのウルトラマンタイガを家族3人で黙って見守るしかなかった話

「タイガ、どうするのが一番良かったんだ」 「俺だって分かんねぇよ。あのときはああするしかなかったんだ…」 『ウルトラマンタイガ』第10話「夕映えの戦士」より 「夕映えの戦士」って、てっきりウルトラマンの呼び名かと思っていたんですけどナックル星人…

1年半ぶりに、息子の「特撮卒業」を考える

今から1年半くらい前に書いたこちらの記事。 www.bokuboku12.net 今でも時々自分で読み返すことがあって、文章自体は下手くそなんだけど当時の僕のモヤモヤ感がそれなりに伝わってきます。いや、自分で書いたんだから伝わらんでどうするって話なんですけど。…

息子が夢中になっている「Hikakin TV」を覗き見してみた。

ウルトラマンに次いで息子が夢中になっているもの、それはYouTube。 www.bokuboku12.net 以前にもこんな記事を書いているのですが、この頃からそんなに状況は変わってないかなあ。一度YouTubeの楽しさに魅了されてしまうと、子供と言えどもなかなか抜け出す…

「ウルトラマンが『オーブ』で再び中断していたら」と想像したら悲しくなった

Twitterのタイムラインをダラダラと眺めていたら「ウルトラマンは『オーブ』で一旦中断するべきだった」という趣旨のツイートを見かけて、個人的には「いやいや…」と。 僕が息子と一緒にウルトラマンにハマりだしたのは『ジード』からなので、仮に『オーブ』…

プロ野球の魅力を体現した男・鳥谷敬について語らせて欲しい。

僕はプロ野球・阪神タイガースのファンです。 僕の阪神への思いはこちらの記事にも綴っておりますので、興味のある方は是非。ちょうど特撮から離れていた時期に阪神にのめり込んでいた感じで。子供が出来てから観戦する回数は減りましたが、もちろん今も阪神…

ウルトラマンオンリーだった息子が『仮面ライダーゼロワン』にハマる可能性

平成から令和へ―。『仮面ライダージオウ』から元号への並々ならぬこだわりを隠そうとしないライダーシリーズが送る新たなヒーロー、『仮面ライダーゼロワン』の放送がスタートしました。 Twitterでは、『ジオウ』の最終回で平成を締めくくり、『ゼロワン』の…

「息子の後ろ姿の写真」を褒めていただいたのでこっそり調子に乗ってみる。

僕の撮る「息子の後ろ姿の写真」を、Twitterとブログでお世話になっている木本仮名太さんに褒めていただいてからというもの、自分でも笑ってしまうくらい同じような写真を何枚も撮っている今日この頃。はい、褒められると調子に乗るタイプです(笑)。 kimot…

『ウルトラマンタイガ』はちゃんと“子供番組”していて偉いという話

昨日放送の『ウルトラマンタイガ』第9話『それぞれの今』。 ホマレ先輩が、自分が宇宙人であることをイージスのメンバーに打ち明けるラストシーンには色々と考えさせられるものがありました。これまでの回を見ていても「ホマレ先輩は普通の人間じゃないんだ…

僕の自由研究「ひと夏のミニ四駆の記録」を回想する

今週のお題「わたしの自由研究」 はてなブログ今週のお題は「わたしの自由研究」。今回は、僕が小学校3年生の頃に行った渾身の自由研究について語ってみようと思います。 夏休みの自由研究、最初はなんて煩わしい宿題なんだと適当に済ませていたことを思い出…

大人になっても忘れられないウルトラシリーズのトラウマについて考える

ふと思い立って映画『ULTRAMAN』を一人で見ていたら、案の定息子が食いついてきました。 ULTRAMAN メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 従来のウルトラシリーズに比べて対象年齢が高めに設定されているこの作品。実際「子供が見たら怖がるだろ…

実は未知の領域だった「昭和ライダー」の世界をのぞき見してみた

この間、会社の元同僚との飲み会でたまたま特撮の話なったんです。その元同僚は、普段は特撮にどっぷりというわけではないけど、気が向いたときにYouTubeやAmazonプライムで「仮面ライダー」を見ていると。 僕ら世代(30代前半)が今改めて見る仮面ライダー…

『ぴあMOOK ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーション超大全』が素晴らしい

最近ウルトラマンもこの手のムック本が増えてきました。正直、価格の割に内容が薄かったり特に目新しい記事が無いものも意外と多く、結構当たり外れが激しい印象があります。 しかし、この『ぴあMOOK ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーション超大全』は大…

ウルフェスのマナー問題について思うこと

先日終了した池袋のウルトラマンフェスティバル。 Twitterのタイムラインを見ているとイベントの内容とは別に、特にいわゆる「大きなお友達」のマナーに関する問題が噴出していたようで。このブログで触れるべきか迷ったのですが、僕も息子を持つ身として他…

『S.H.Figuarts ウルトラマンジード・マグニフィセント』を眺めつつ、傑作回『僕の名前』を振り返る。

プレミアムバンダイで注文していた『S.H.Figuarts ウルトラマンジード マグニフィセント』が届いてしまいました。 ウルトラマンのフィギュアーツを購入するのはこれで5体目。価格のことを考えるともうそろそろ自重せねばと思ってはいるのですが、このマグニ…

ウルトラマンゼロとの出会いを通じて息子が一回り成長した日

大阪のウルトラマンショップで行われた「ウルトラマンゼロ握手&写真撮影会」に息子と行ってきました。 実は先月もタイガの同じイベントに参加させていただいたのですが「まあ本物のウルトラマンと写真が撮れる機会なんて滅多に無いしね…」と思い、今回もわざ…

「このミニチュア凄いなあ…」息子がウルトラマンを見ながら発した一言について考える。

いつものように『ウルトラマンタイガ』の録画を息子と一緒に見ていたら、彼が一言、こう呟きました。 「このミニチュア凄いなあ…」 そうそう、特にタイガは毎回ミニチュアの作り込みヤバいよな。…って、え?…今、確かに「ミニチュア」って言ったぞ。あんた、…

最後の花火になったので、今年の夏を振り返ってみる。

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている 夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて 「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて 最後の花火に今年もなったな 何年経っても思い出して…

「セイヤッチ!」ウルトラマンフーマが僕のツボを押さえに来ている件

『ウルトラマンタイガ』は、次回がニュージェネ恒例のパワーアップ回。 『ジード』でロイヤルメガマスターを初めて見たときも、リーゼントみたいな髪型のウルトラマンにそれはそれはびっくりさせられた記憶があるのですが、今回のパワーアップ形態もなかなか…

ブログで自分をデザインしよう!

僕も愛読させてもらっている結騎了さんの超有名特撮系ブログ『ジゴワットレポート』。 www.jigowatt121.com 先日アップされたこちらの記事。ブロガーの端くれとしてはただただ共感するばかりの内容でした。「ブログの最大の読者は書き手自身である」まさにそ…

息子がいじめを受けたとき、自分のすべきことは何かを考える。

「しょこたん」こと中川翔子さんの著書『死ぬんじゃねーぞ!!』を読みました。 自身が学生時代に受けたいじめの経験と、そこからどうして今の自分まで辿り着いたのかがお得意の漫画と共に生々しく描かれており、他人の痛みを本当に理解できる人の生きた文章が…

息子がウルトラマンゼロのカードを僕にくれた理由

僕の推しウルトラマンはウルトラマンゼロ様なわけですが、息子も『タイガ』にハマりつつやはりゼロのことを好きな気持ちはずっと変わらないようです。 先週行ったウルフェスで、僕が自分へのご褒美として購入したゼロのグッズ。キーホルダー、指人形、ハンカ…

第二期平成ライダーほぼ未見の僕がなぜ『仮面ライダードライブ』にハマったか

Amazonプライムビデオをダラダラ見ているうちに、気付いたら「それを見ていなきゃ生活できない!」ってくらいにハマってしまう作品と出会うこと、結構あるんです。 で、今ハマっているのが『仮面ライダードライブ』。 きっかけは『劇場版 仮面ライダージオウ…

ガチャガチャのレバーを回す息子の背中が頼もしく見えた日

ちょっと気になって調べてみたら、バンダイではカプセルトイのことを総称して「ガシャポン(GASHAPON)」で統一しているんですね。 gashapon.jp 僕は子供の頃からずっと「ガチャガチャ」って言ってます。ちなみに息子は「ガチャポン」派。Twitterには「ポット…

『シン・ウルトラマン』という名のFA選手を僕たちはどう受け入れるのか

少し話題に乗り遅れてしまった感はありますが、庵野秀明企画・脚本による『シン・ウルトラマン』製作決定のニュースは衝撃的でした。 m-78.jp 『シン・ゴジラ』が決まったときも、「庵野監督が『ゴジラ』を撮る」日がついにやって来たんだと、一端の特撮ファ…