僕が僕であること(仮)

ウルトラマンが大好きな7歳の息子とのウルトラ備忘録です。

ウルトラマンデッカーの変身アイテムがどうしてもビールジョッキに見えてしまう話

 

 今日はもう身も蓋もない、タイトル通りの「ですよね?」という話なんですけれども。

 

 先週から始まった『ウルトラマンデッカー』、今日放送の第2話もなかなか良かったですね。

 主人公・アスミカナタを含めた訓練生の3人が新生GUTS-SELECTに入隊するまでを、30分かけてじっくりと。

 謎の球体・スフィアのバリアに囲まれ宇宙との交信が途絶えてから1年が経った地球。そんな先の見えない状況で目の前の困難に必死に立ち向かう若者たちという、明らかにコロナ禍を意識した構図が今風でいいなあと思います。

 「今、やるかしかねえんだ!」というカナタの叫びも記号的な決めゼリフに終始せず、ちゃんとドラマ的な意味付けがなされていてなかなかグッとくるものがありましたよ。

www.bokuboku12.net

 息子の反応も今のところかなり良好です。

 特に変身アイテムの「ウルトラディーフラッシャー」で遊ぶのが楽しいみたいですね。やっぱりコレクションアイテムとして、カードっていうのは最強なんですねえ。もう毎日、カードを入れたり出したり忙しそうですもん。

 

 

 

 息子。最近は映像作品としてのウルトラマンを楽しみつつ、なりきり遊びに関しては「照れ」の感情が如実に出てきていまして。

 もう僕の前では変身ポーズを真剣にやってくれなくなっていたんですけど、デッカーは何故か全力でやってくれますね今のところ。相当気に入っているのか、最初だからっていうのもあるのかな。

 で、せっかくなのでこの可愛い息子の姿を写真に収めておこうと。

 彼は非常に勘が良くて、僕がスマホを構えると「はいはい写真ね」という感じでスタスタと変身ポーズの準備をしてくれる。早速カードをセット、ウルトラディーフラッシャーを天高く掲げ、叫ぶ!

 

 「輝け、フラッシュ!デッカー!!」

 

 まず、発声がいい。腹からしっかりと声が出ている。ポーズもバッチリ決まっている。さすが、オタクの両親に育てられながらリアルタイムで4年以上もウルトラを体験しているだけあるぜ。

 だがしかし、そんな “ウルトラサラブレット” をもってしても拭いきれない、このウルトラディーフラッシャーのビールジョッキ感は一体……!

 いや本当に、彼が全力を出せば出すほど、可愛いはずの息子が「飲み会でめちゃくちゃ威勢のいいおじさん」に見えてきてしまうのがちょっと悲しい。

 大きさも絶妙に「ビールジョッキ」してますしね。スティック型のリーフラッシャーをオマージュしつつ、そこに取っ手を付けるとこうなるのかという新しい発見(と、言うほどでもない)。

 まあ、コロナもまたぶり返してきているようですし、「せめてウルトラマンに変身するときくらいは『かんぱ〜い!』って大声張り上げたいよね」という、バンダイのウルトラファンへのサービスなのでしょうか。あまりにもコロナ禍への配慮が行き届き過ぎている。

 逆に、全国のウルトラマン好きが集まる飲み会ではビールジョッキをディーフラッシャーに見立ててウルトラディメンションしちゃう人も大勢いるんでしょうね。絶対楽しい。そんな飲み会なら、お酒が苦手な僕も是非参加させてもらいたいなあ。