僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

『ウルトラマンタイガ』はちゃんと“子供番組”していて偉いという話

f:id:ryo_nf3000:20190831223328j:plain

 昨日放送の『ウルトラマンタイガ』第9話『それぞれの今』。

 ホマレ先輩が、自分が宇宙人であることをイージスのメンバーに打ち明けるラストシーンには色々と考えさせられるものがありました。これまでの回を見ていても「ホマレ先輩は普通の人間じゃないんだろうな」と大体予想は出来ていましたけど、ああいう風に本人の口から仲間に打ち明ける展開はなかなか興味深かった。

 『タイガ』が「宇宙人が密かに暮らしている地球」を舞台にしたのは、例えば怪獣が出現する理由とか、ウルトラマンをやる上で何かと説明が必要な要素をスムーズに描くための便利設定かと思っていたのですが、実際は物語の核となる部分と密接につながっているようです。

 僕が息子と一緒に見ていて感じるのは、『タイガ』の伝えようとしているメッセージが、親子に貴重なコミュニケーションの機会を与えてくれるということなんですね。凄く真っ当な“子供番組”だなと感心しながら見ています。

 

終えた後の息子との会話

僕「ホマレ先輩、宇宙人やねんて!」

息子「えー、悪者やから?」

僕「でも見てみ、ヒロユキと仲良ししてるで」

息子「…(画面を見つめて考える)」

 息子の中には、「宇宙人イコール悪い人」の方程式がいつの間にか出来上がっていました。僅かな例外を除いて、ウルトラシリーズにおける「宇宙人」とは「侵略者」とほぼ同義で語られていますから、まあ無理もありません。

 しかし『タイガ』における「宇宙人」は例えば現実世界における外国人とか、「自分とは違う人」のメタファーとして描かれていますよね。ここが大きなポイントで。

 僕が息をのんで見守ってしまったのは、イージスの面々が宇宙人のホマレ先輩をこれまでと同じように仲間として受け入れていく様子を、息子がちゃんと理解して見ているかという点。宇宙人だからと言ってみんながみんな悪者ではない、それぞれの人の「普通」は違って当たり前なんだという番組のメッセージが果たして彼に届いているのか。僕は、ウルトラマンと怪獣のバトルよりもそっちの方にドキドキしてしまいました。

える機会を与える

 僕の問いかけに、黙ってテレビ画面を見つめながら自分なりに考えこむ息子。「宇宙人なのに悪者じゃない」が何を意味しているのか、まだ完全に飲み込みきれていない様子でした。

 僕が何の気なしに口にした「仲良ししてるで」の一言が彼に考える機会を与えたのだとしたら、こうしてウルトラマンを親子で一緒に見ていることには大きな意義があると感じます。

 ホマレ先輩は、こちらも実は特殊な能力の持ち主だった幼馴染のマイコが「普通の私」を受け入れてくれる人と出会い結婚していくのを見て、自分が宇宙人であることをみんなに打ち明けようと決意する。人生の中で誰にでも必ずやって来る「勇気を振り絞る瞬間」を、解りやすくポジティブに描く演出は見事でした。

 普段の生活の中で、例えば僕が息子に「誰とでも友達になって仲良くしよう」とか「弱い者いじめしたら駄目だよ」みたいなことを説得力を持って伝えられる場面って意外と少ない。保育園なんかも僕はせいぜい送り迎えのときくらいしか顔を出しませんから、彼が友達とどう接しているのかその全てを知ることは出来ません。だから余計に、テレビ番組のこういった場面を通じて息子と普段はとれない種類のコミュニケーションをとれるのが嬉しいんです。

『ウルトラマンタイガ』の姿勢

www.bokuboku12.net

 上の記事にも書いた通り、地球に潜伏している宇宙人の存在から「他者への理解」という難しいテーマを描こうとする『タイガ』の姿勢を僕は支持したいです。「子供に見せるもの」という視点を常に忘れていない感じが本当にいいと思う。

 一応育児に参加している父親の実感として、親子で一緒に見たり考えたりできるテレビ番組って今本当に少ないんですよ。それこそ特撮ヒーローとEテレの教育番組くらいでしょうか。アニメもどんどん少なくなっていて、あの『ドラえもん』すら土曜日にお引っ越しを余儀なくされる時代です。子供たちがテレビよりYouTubeに夢中になるのも分かる気がしますね。だって居場所がどんどん無くなっているんだもの。

 そういう意味で少なくとも我が家にとって『ウルトラマンタイガ』は、これから大きくなっていく息子へ何か大事なことを教えてくれる貴重なピースの一つになっている気がします。

ずっと笑い合える 誰かと出会うため

もっと大きくなりたい

Buddy, steady, go!

Buddy, steady, go!

  • 寺島拓篤
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 28日にフルサイズの配信が始まった主題歌『Buddy,steady,go!』。番組のテーマとリンクしているように受け止められる2番の歌詞が特にいいですね。その歌詞の意味が、毎朝全身使って狂ったように熱唱している息子にも届いているといいのですが(笑)。