僕が僕であること(仮)

ウルトラマンが大好きな7歳の息子とのウルトラ備忘録です。

「あなたとトクサツ。」を本にしてみました / ブログ製本サービスを利用した話

 

 「あなたとトクサツ。」が本になりました。

 

 ……おっとすみません、ちょっと言葉足らずでした。

 正確に言うと、「自分のために勝手に本にしました」が正解です。「MyBooks.jp」というブログ製本サービスを使って、これまでの「あなたとトクサツ。」を一冊の本にまとめてみました。

www.mybooks.jp

 

 まずは、「どうしてわざわざ本にしたの?」という話なんですけれども。

www.bokuboku12.net

 「あなたとトクサツ。」なる読者参加型の企画を立ち上げたのが今年の2月。

 約半年の間に、総勢19名の方が手を挙げてくださいました。「特撮と人生」というややざっくりとしたテーマに対して、皆さんがそれぞれの思い出と記憶を紐解きながら、素敵なお話を沢山聞かせてくださいました。

 特撮にのめり込むにいたったルーツやご家族との思い出、またそれらを通じて見えた将来の夢。製本の過程で改めて全ての記事を読み返してみましたが、実にバラエティに富んだ記事が集まっていて自分でも驚きました。

 また、インタビュアーとしてまだまだ未熟な僕の繰り出すつたない質問に、皆さん真摯に答えてくださいました。本当に感謝しております。

 自分のブログに読者の方々の思いを残すことができた喜びと、やはりこれを手にとって読める「本」という形にして残しておきたい。

 『シン・ウルトラマン』の公開を記念した特別篇も合わせて、ちょうど記事数が20に到達したタイミングで、『デッカー』のカナタくんじゃありませんが、「今、やるしかねぇ!」と(笑)。

 

 

 

 

本までの流れ

 製本までの流れを簡単に説明しておきます。

 MyBooks.jpでは、製本する記事をカテゴリー別に選ぶことができます。僕の場合は、「あなたとトクサツ。」で一つのカテゴリーを作っているので、まずはそれに該当する記事をピックアップ。

 続いて、表紙やページのデザインを決定していきます。表紙はブログでアイキャッチとして使用しているものを画像サイズを変更してそのまま使用しました。我ながら、シンプルでいい表紙になったと思います。

 ページのデザインも極力シンプルに、ムック本っぽいグレーの帯がついたものを選びました。

 縦書きか横書きかも選べたのですが、ブログで横書きを前提に書いている文章なのでここはおとなしく横書きに。フォントは読みやすく優しい印象の丸ゴシックを。

 一番大変だったのは、見出しやタイトルがページの切れ目に入ってしまわないように行間を詰めたり広げたりする作業ですね。インポートしてそのまま製本すると見出しが一番下に来てしまったり、文章の流れと合わないところに画像が配置されてしまったりして、それらを一つひとつ手直しするのはなかなか根気が要りました。

 せっかく本にするなら……ということで、ちょっと贅沢をしてカラー印刷、並製本(カバーなし)で一冊8,330円(印刷製本:7,670円 送料660円)。まあ、正直安くはなかったです。

 が、こうして自分と読者の方々で作り上げた作品を本という形にできたことへの喜びはひとしおです。手にとってサッと読み返せるのが本の魅力。自分の部屋の本棚に自分の書いた本が置いてあるというのも、なんだか感慨深いものがあります。ちょっと照れくさいですが。

 本だとスマホやパソコンよりも読みやすく感じますし、何より実際に書店に置いてあってもおかしくないレベルの丁寧な製本で、そういうサービスとはいえちょっと感動すらしてしまいました。

 こんな風に目次もしっかりと。ちなみに全部で268ページ。なかなかのボリューム感……!

 奥付に自分の名前が……!せっかくなら本名にしておくべきだったか(笑)。

れからの「あなたとトクサツ。」について

 「自分のブログを本にしてみたい」というのはブログを始めてからずっと思っていたことだったので、今回こういう形で製本できたことで一つの目標を達成した感覚があります。

 読み返してみると、手前味噌ながら自分でもよくこんなお話を引き出せたなとか、普通に読み物として面白いなとか、色々と感心するところもありつつ……。息子との日常を書く以外に、もう一本ブログの軸になるものができたかなと思っています。

 もちろん、この製本をもって「あなたとトクサツ。」という企画を終了します、ということではありません。今後も随時募集しております。是非、あなたの「特撮と人生」をお聞かせください。

 目指すは製本第二弾!僕もインタビュアーとして、読者の方に満足していただけるよう精進していく所存です。