僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

SSSS.GRIDMAN

プラモど素人がスーパーミニプラ・グリッドマンに挑戦してみた

昨年の11月に家に届いてそのままだったスーパーミニプラ・グリッドマン。なんとか令和になる前に開封することができました。 半年間も手付かずだったのは、仕事やら何やらで忙しく組み立てる時間が無くて…というのは単なる言い訳で、本当の理由は僕の「プラ…

~「夢のヒーロー」は今もどこかで~『SSSS.GRIDMAN』最終回

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会 あぁ…週に一度のお楽しみだった『SSSS.GRIDMAN』がとうとう終わってしまいました。 僕が子どもの頃に原作グリッドマンにハマった世代で、大人になった今でもその思い出が色褪せていないことはこのブ…

「特撮オタクだとバレないように言葉を選ぶ内海」はいつかの自分自身だったという話

今日は『SSSS.GRIDMAN』第6話「接・触」から、僕の脳裏にずっと残っているあるシーンについてです。 接・触 発売日: 2018/11/11 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 「接・触」というサブタイトルの通り、この回ではこれまで交わることのなか…

~君を退屈から救いに来たんだ~グリッドマン現象への喜びを語る

放送開始から早1ヵ月が経過したアニメ『SSSS.GRIDMAN』。 ryo-nf3000.hatenablog.com 4~5歳の頃に原作グリッドマンをリアルタイムで見ていた僕にとって、これほど放送開始を楽しみに待っていたアニメ作品というのも久々でした。実際に放送が始まると、第1話…

今こそ語りたい『電光超人グリッドマン』の魅力

「グリッドマンがアニメ化される」 この一報を耳にしたとき、僕は自分の耳を疑ってしまいました。今更なぜ?誰がどうして?何のために…?嬉しい、懐かしい、そんなポジティブな感情よりも「嘘だろう」という疑念がどうしても先に来てしまい、純粋に信じるこ…