僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

育児関連

ウルトラマンショップの店員さんに親子で顔を覚えられてしまった話

来月の7日にウルトラマンワールドM78大阪店で開催される「ウルトラマンタイガ握手&写真撮影会」の整理券、無事にゲットしてきました。 整理券をもらうためには3000円以上の買い物が必要だったので息子には何でも買っていいよと言ってあったのですが、結局い…

週に一度の息子との散歩が楽しい。

一カ月くらい前から週に一度、息子と家の近所をぶらぶら散歩するようになりました。 日曜日。9時から始まる『仮面ライダージオウ』に合わせて起床。歯磨きや朝ごはん、新しい1日の準備を着々と進める。今息子が夢中になっている『リュウソウジャー』を見終え…

背伸びしたい盛りの息子に「こどもびいる」を買って帰った日

最近の息子、何をするにも一生懸命に背伸びをしている感じが凄くかわいくて。 一緒にお買い物へ行くと、何故かビールのコーナーに一直線で駆けていく。多分、僕の父親が帰ってきたときに飲んでいた缶ビールが印象に残っていたのだと思います。ビールを飲み干…

僕の「冒険しない性格」が息子に遺伝しているかもしれない

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 GWもそろそろ終盤。 僕にとっては社会人になって初めての大型連休で、「どういう風に行動すれば有意義なGWになるだろう」と考えているうちに時間が過ぎていった感じです。もうちょっときっちり予定を立てておけば良…

夢は持たなくていいけど、想像力を持っておいてほしい。

息子には常々、「夢なんか持たなくていいから、想像力だけは持っておいてくれ」と思いながら接している。そしてそれを、彼が成長していく過程のいつ、どこでどうやって伝えようかと考えている。 4歳にもなれば、「将来の夢」的なことを自分の中に抱き始めて…

自分にとっての「ブログ」とは何かを考える

いきなり堅苦しいタイトルですみません。 今日はブログそのものに関するお話です。基本的には、書きたいことがあったときに気ままに書いていくことを意識している当ブログですが、しばらく更新せずにいるとPV数が急激に落ち込んだりして、僕も気にしないとは…

息子と公園へ遊びに行くときはスマホを持って行かないことにした。

うちの近所には幸いにして、子どもたちが元気いっぱい遊べる公園がたくさんあります。 地元の家族連れやお年寄りが大勢集まる大きな公園から、自宅から歩いて5分もかからないところにある小さな公園まで。「最近の子どもには遊べる場所がない」などとよく言…

YouTube ハマる息子に モヤる僕

息子が現在絶賛ハマり中なのがYouTube。 僕が仕事から帰ってくるなり、息子の 「ゆーちゅーぶ見ていいー?」 という甲高い声が家中に響き渡る。4歳の男の子がタブレットの画面を指でなぞりながら、YouTubeで好きな動画を探している光景。 まだネットで気軽に…

~休日をウルトラで染め上げろ!~3月のウルトライベントレポート

全国各地で行われているウルトラマン関連のイベント。 円谷プロの公式サイトでは各地方のイベント情報が随時更新されており、僕も休日はなるべく息子を連れていってあげようと細かくチェックしています。 3月は劇場版ルーブの公開月ということもあり、関西地…

「息子のこと、叱りすぎたかも…」反省しながら過ごした日

4歳になったばかりの息子。 最近は男の子らしい生意気さにも磨きがかかり、溢れんばかりのエネルギーを放出するように元気いっぱいの毎日です。すくすく元気に育ってくれて、父親としてこれ以上言うことはないのですが、育児に関しては少し悩むところもあり。…

初代ウルトラマンのフィギュアを眺めながら「成長を自覚した瞬間」について考えた。

誰にでも、人生の中で「成長を自覚した瞬間」って多かれ少なかれあると思います。 どうしていきなりこんなことを書くかというと、僕が父親としての日々を過ごす中で、我が息子の成長を実感するシーンが確実に増えているからです。 本当に大げさではなく、昨…

ウッディー・ウッドペッカーは誰のために

息子が4歳になりました。 僕が同じくらいの頃、誕生日のたびに周りの大人の人たちから「おめでとう、何歳になったの?」と声をかけられるのが照れくさくて嫌だった記憶。でも不思議なもので、自分が大人になると子どもに同じことをしてしまいますね。これは…

~ウルトラマンが終わっちゃう?~息子の思わぬ反応が忘れられず。

m-78.jp 『ウルトラマンR/B』の後番組が発表されました。『ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル』。テレビ東京系にて来年の1月5日からスタートです。 今年の前半は『オーブクロニクル』でしたから、今度は『ジードクロニクル』を密かに期待してい…

ブログ『僕が僕であること(仮)』を始めてから1年が経ちました

最初のエントリーを更新したのが昨年の12月21日なので、正確に言うとあと2週間と少しでこのブログを開設してから1周年です。 自分でも、始めた頃にはまさかちゃんと1年も続くとは思っておらず。過去に書いたエントリーを改めて読み返してみると、「ああ、こ…

『ギンガ』以降のウルトラシリーズを律儀に録画していたあの頃の僕へ

このブログでは、特にこれというテーマを決めずに、基本的には自分の好きなことや思ったことを書くことにしています。 ただ、せっかく書くからには何か意味のあるものにしたい。息子のこと、大好きな特撮のこと、家族の他愛もない思い出話。今までに公開して…

~初めてのサンタクロースに挑戦~我が家のクリスマス計画

近頃は、気候的に過ごしやすい秋という季節がどんどん短くなっている気がします。この時期、季節の移り変わりを最も感じる瞬間は、10月31日のハロウィンが終わった途端に街中がクリスマスムード一色になっている光景を見たときかもしれません。 もうすぐクリ…

「ポケモン銀」で止まった僕のゲーム人生と、その続き

www.dcd-ultraman.com 『ウルトラマンフュージョンファイト』。最近息子がハマっているゲームです。 ショッピングモールのゲームセンターなどに設置してあるアーケードゲームで、専用のカードを何枚か使用してウルトラマンや怪獣たちを戦わせます。1プレイ毎…

息子の愛読書、ウルトラ怪獣入門。

ウルトラマンにハマった子供が必ず欲しがるもののひとつ。それは怪獣図鑑です。 ウルトラ怪獣入門 (小学館入門百科シリーズ 15) 作者: 大伴昌司 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1983/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 今年の12月で4…

~特撮ヒーローを見せると子どもが乱暴に?~我が子の場合

3歳の息子を持つ特撮好きの父親として、とてもタイムリーなエントリーを見つけたのでご紹介します。 www.momrhythm.com このエントリーではご自身の息子さんが仮面ライダーやスーパー戦隊にハマっている事実を踏まえ、そのメリットとデメリットが分かりやす…

リーフラッシャーで遊ぶ息子の姿があまりにも様になっていたので。

僕の部屋にはウルトラマンのフィギュアがまとめて飾ってある、いわゆる「ウルトラコーナー」があります。ニトリで買った大きな本棚の上に自分のコレクションを並べている時間は嫌なことも何もかも忘れられてとっても楽しい。 成長に伴い背が伸び始め、知恵も…

ヒーローショーを厳しめに見てしまう親の心境

14日の日曜日、大阪は八尾市にあるプリズムホールで開催された『ウルトラマンライブ』なるものに家族で行ってきました。 m-78.jp 最近のウルトラシリーズでは、TVシリーズの撮影が終わった10月頃からこういったイベント中心のスケジュールを組むのが定着して…

僕と息子の習い事に関するあれこれ

突然ですが、皆さんは子供の頃にしていた「習い事」のことを覚えていますか? 今年で4歳になる僕の息子は、週に一度の水泳教室に通っています。彼にとって人生で初めての「習い事」。妻の親戚の紹介がきっかけで通い始め、かれこれもう1年以上続いています。…

「ウルトラニンジン作戦」のその後

今日は、2か月ほど前に書いたエントリーの後日談。 ryo-nf3000.hatenablog.com 息子のおむつの卒業がなかなか上手くいっていなかったところに「おむつ卒業出来たらウルトラマンの玩具を買ってあげるよ」とニンジン作戦を敢行したところ、それなりの成果が出…

ウルトラマンショップの丁寧な対応に驚いた話

2ヶ月くらい前の話になります。 梅田のウルトラマンショップで購入したDXジードクローが音声の鳴らない不良品だった、という出来事がありました。こういうとき、気の小さい僕はどこにどういう申し出をしたらいいのかちょっと迷ってしまいます。玩具の不具合…

今日の帰り道を、ただ書いてみる。

共働きの我が家には子供のお世話に関するルールがいくつかあり、そのひとつが「どちらかが休みの日は、休みの方が息子の保育園のお迎えに行く」というもの。まあルールというほど大袈裟なものではなく、2人とも働いているわけですから当然のことなのですが。…

我が家の「ウルトラニンジン作戦」

ブログやTwitterをしていると、色々な人たちから思いもしなかった反応やコメントを頂けることがあります。そして、往々にしてそういった反応を頂けるのは自分が「どうだ!」と自信満々につぶやいたツイートではなく、たわいもない話や何気ない日常の一コマだ…

~ウルトラマンになりたい!~「ごっこ遊び」とニュージェネレーションヒーローズ

息子を見ていると自分が子供だった頃のことをよく思い出します。息子が成長していくにつれて、自分に似ている部分と似ていない部分がくっきり見えてきて興味深いのですが、この間ふと思ったのは、僕はヒーローに「なりきる」、いわゆるごっこ遊びが得意では…

我が家の「おもちゃ買い与え過ぎ問題」

凄く変な言い方になってしまうのですが、息子と一緒に遊んでいるとき、つくづく「お前は俺の息子で本当に良かったねぇ」と感じることがあります。僕が父親として何か特別誇れることをしたということではなく、「特撮好きの親を持つ特撮好きのお前は幸せもの…

息子の「特撮卒業」を考える

「特撮は子供向けか否か」 「大人になっても特撮が好きで何が悪い」 Twitterで定期的にこの手の話題を目にするたび、僕は妙なもどかしさを感じてしまいます。だって、ウルトラマンや仮面ライダーが子供向けかどうかって話なら「誰がどう見たって子供向けじゃ…