僕が僕であること(仮)

ジードとルーブが大好きな4歳の息子とのウルトラ備忘録です。

~日本のゴジラはこれからどうなる?~平成ゴジラ世代の独り言

全世界のゴジラファン待望の新作映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の公開日があと1週間まで迫ってきました。 godzilla-movie.jp 2014年のギャレス版『GODZILLA』の正統な続編であり、ゴジラに加えモスラ・ラドン・キングギドラのいわゆる「三大怪獣…

プラモど素人がスーパーミニプラ・グリッドマンに挑戦してみた

昨年の11月に家に届いてそのままだったスーパーミニプラ・グリッドマン。なんとか令和になる前に開封することができました。 半年間も手付かずだったのは、仕事やら何やらで忙しく組み立てる時間が無くて…というのは単なる言い訳で、本当の理由は僕の「プラ…

~さよなら平成~いつまでも「新しさ」を象徴する言葉として

今週のお題「平成を振り返る」 昭和63年生まれの僕にとって、自分が体験として知っている唯一の元号だった平成。その平成も、いよいよ終わろうとしています。意外と、寂しいものですね。 僕は単純に「へいせい」という言葉の響きが好きでした。「しょうわ」…

【劇場版ウルトラマンR/B】ウルトラシリーズの限りなきチャレンジ魂に胸が熱くなった話

先日の先行上映会に続き、『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』の通常上映を家族で見に行ってきました。 同じ映画を劇場へ何度も見に行くことって僕は滅多にしないのですが、今回の劇場版ルーブは息子とか関係なく大人の僕が普通に見に行きた…

ドラマ『トクサツガガガ』 仲村叶のビンタに「父親兼特オタ」の僕が感じたこと

ドラマ『トクサツガガガ』が先週の金曜日、最終回を迎えました。 誰しもが思ったであろう感想。「全7回は短すぎる!」 もちろん出来のいいドラマだったから短く感じたのでしょうけど、それでも7回ってちょっと短すぎやしませんか?おかげで最終回は初見では…

おもちゃの在庫一掃セールには、何とも言えない哀愁を感じるという話

少し前になりますが『ルパパト』の最終回、良かったですね。 ライダーシリーズもそうですが、やはり1年間に渡って追いかけてきたドラマの着地を見届けるこの感慨深さは、特撮ファンをやっていて良かったなと心から感じる瞬間のひとつです。特に『ルパパト』…

これが我が家のトクサツガガガ!

先週の日曜日、家族3人で行って来ましたシアターGロッソ。 お目当ては、現在放送中で最終回が間近に迫っている『ルパンレンジャーvsパトレンジャー』のショーです。レギュラーメンバーが素顔で登場する特別公演というだけあって、会場はちびっ子からその保護…

ウルトラマン、ドラゴンボール、ポケモン…我が家のフィギュア事情

長年に渡って特撮ファンを続けていると、どうしても溜まっていくのが関連玩具やフィギュアの類。 我が家では、僕はもちろん息子と嫁さんもフィギュア集めが大好き。家にあるフィギュアを全て同じ部屋に並べたらどんな光景になるのか、想像するのも恐ろしいで…

『特撮黙示録 1995-2001』のちょっとした思い出話

『特撮黙示録 1995-2001』という本をご存知でしょうか。 今から約15年前に発表された切通理作氏の著書で、主に1990年代後半から2000年代前半にかけての特撮作品にスポットを当てながら、当時の空気感や特撮というジャンルの状況の変化を活字としてまとめた「…

特撮のDNA展に行ってきた

兵庫県の明石市立文化博物館で開催中の「特撮のDNA展」に行ってきました。 tokusatsu-dna.com 『「特撮の技術」とその「継承者たち」にスポットをあて、まだ見ぬ世界を具現化し、空想と現実の境界を軽々と飛び越えた特撮マンたちの仕事を展観します』(公式…

『平成特撮の夜明け』を読んで

別冊映画秘宝『平成特撮の夜明け』を読み終えました。ゴジラ、ガメラ、ウルトラマン、仮面ライダー、そして今も途切れずに続くスーパー戦隊シリーズ。平成にリブートした特撮作品のクリエイターたちのインタビュー集です。 まさに平成特撮の夜が明けていく様…